Yahoo!地図情報Webサービス

Yahoo!地図情報Webサービスなるものが公開されていた。
ちょっと前まで日本のヤフーの地図には期待していたので、ついにアメリカのヤフーで公開されているAPIが出たのかと思ったら、名前は同じだけれどまったく別物。あちらのはflashで動くのに対して、こちらのはHTMLで動くようになってる。期待されていたジオコーダはついていない。サーバとのやり取りをするコードを書くのが中心になるwebサービスというよりは google maps api に近い。
サンプルページの情報からは、地図が表示されるただのブログパーツ、という印象を受けたが、用意されているリファレンスを読むと、地図上にアイコンを複数表示して、カテゴリ別に切り替えたりできるようになっている。なにができるかを伝えきれていないサンプルページのせいでかなり損をしていると思う。なにができるのかを触ってみて分かるページをちゃんと用意しておくだけで、リファレンスなんて見なくてもすむのに。サンプルに比べて、リファレンスはしっかりしてるけど、ひとつだけ、緯度経度が日本測地系か世界測地系かが書かれていないのは困る。(たぶん日本測地系)

全体として google maps api と比べていいところがない。ふつうのサービスならばヤフーが提供することでみんなが使うかもしれないけれど、デベロッパー向けのサービスとして、何年も前(1年ちょっとだっけ)から出ている google maps api と比べてなんの特色もない、機能的にも劣る(だってジオコーダがないんだもん)サービスを出したところで、デベロッパーからは見向きもされないのではないだろうか。
ただ、商用に使うのはNGで、使いたいならALPSと契約してね、と書いてあるので、商用にサポート付きで使いたい、という向きにはいいのかもしれない。

google maps api が日本のgeocoder対応というニュースが出たあとでヤフー地図情報Webサービス公開、あーおしかったねくらいの少しやさしい気持ちで見て、手間ひまかけて独自にこういうのを作ったというのはわかったけれど、なににも使いようがない。
デベロッパーとしては、もう google maps api で文句なしなので、いまほしいのは携帯バージョン。携帯だとjavascriptで表示するとかは不可能だから、緯度経度でリンクを張ったりするのを前提とした地図を用意してほしいです。


About this entry