gooooooooogle rulezzzzz!!!!!

Google Maps API なるものがあるのをULSE経由で教えてもらっていじってみることわずかに数時間、東京ファミママップ(1/10間引きバージョン)が完成。地図にあわせて動的にデータをロードするとか、地図自身と別にリスト表示をしたいとかでなければすぐにできてしまう。
デフォルトで衛星写真を出す方法がいまいちわからなかったけれど、それ以外はサンプルコードを切って貼るだけでできるぐらいにかんたんで、サンプルコードも充実している。

amazonやgoogleが今後WEBでのOSの役割を果たしていく、という主張はそれなにがいいたいのかよくわからない、と感じていたけれど、違った意味で少し理解できた。自分がMASMとMSCをおもちゃにしてMSDOSでコードを書きはじめたのと同じように、今ならばjavascriptとXSLTあたりをおもちゃにしてgoogleの上でコードを書くわけね、という意味で。
そうして書かれたコードがMSDOSの立場をさらに強めていったように、googleの上で多くのコードが書かれ、中にはすばらしいものがあったりして、WEBを通してそのすばらしいものだけが知られるようになり、googleの立場もイメージもゆるぎないものになっていく。

っていうか見た目かっこいいから動いたときの感動がぜんぜん違って、もうほかのいじる気になんない。だってかっこわるいんだもん。

機能的にはgooすきなんだけど見た目が……


About this entry